始めるのは、どんなクラウドファンディング?

ウゴモーションは、2020年?月??日(?)から中心メンバーの1人として、クラウドファンディングに挑戦することとなった。クラウドファンディングの名称は「学生に知ってほしい痴漢の真実 : アニメーション制作プロジェクト」というもので、ウゴモーションはアニメーションの制作を担当することになっている。
 
2019年12月から少しずつ準備を進めてきて、このブログが公開される頃には、クラウドファンディングが始まっている予定だった。ところが、2020年3月頃から新型コロナウィルスが日本でも大きな問題となり、クラウドファンディング業界は新型コロナウィルスによる被害の救済ブロジェクトで埋め尽くされるようになった。
 
自分たちのプロジェクトに大きな社会的意義があることは分かっているけれど、今、社会に求められているのは、新型コロナウィルスによる被害の救済ブロジェクトである。というのが「学生に知ってほしい痴漢の真実 : アニメーション制作プロジェクト」中心メンバーの一致した考えであり、クラウドファンディングを行う予定だったREADYFORの担当者さんの考えでもあった。
 
なので、この投稿を書いている時点で、いつプロジェクトが開始になるのかは不明である。
 
今回の「学生に知ってほしい痴漢の真実 : アニメーション制作プロジェクト」は、私の友人である松永 弥生さんの活動に協力するためのクラウドファンディングだ。
 
松永さんは親友の娘さんが起こした行動に感銘を受けて、たった1人で行動を起こし、2015年に「Stop痴漢バッジプロジェクト」というクラウドファンディングを成功させている。現在は一般社団法人 痴漢抑止活動センターを運営しながら、痴漢抑止バッジの販売、痴漢抑止バッジデザインコンテストの開催を続けている。
 
松永さんとは、痴漢抑止の活動を始めるまえから、私が利用しているコワーキングスペースでの知り合いである。その頃から、お互いの仕事のこととか、新たに始めるプロジェクトのこととか話したり議論したりするような仲で、痴漢抑止バッジのこと、一般社団法人のことなどもよく話し合っていた。
 
というわけで、今回の投稿では「学生に知ってほしい痴漢の真実 : アニメーション制作プロジェクト」について、あれこれ書いていこうと思っている。
 
ウゴモーションの新たなる挑戦が、なにを目指して、どんな内容のアニメーションを制作しようとしているのか、あなたにも興味を持ってもらえたら嬉しい。
 
学生に知ってほしい痴漢の真実 : アニメーション制作プロジェクト
一般社団法人 痴漢抑止活動センター

なぜ、松永さんの活動に協力することにしたのか?

思えば、松永さんは痴漢抑止バッジの活動が軌道に乗るようになってから、いつか動画を活用したいと言ってくれていた。実のところ、痴漢抑止バッジのような慈善活動と、私が作っているようなモーショングラフィックスとは相性が良い。
 
多くの慈善活動は、企業などの経済活動とは違って、独自の仕組みで社会問題を解決しようとすることが多い。また、お金を支払う人と、サービスを受ける人が違っていることも少なくない。なので、自分たちの慈善活動を理解してほしいと考えたときに、サービス内容だけでなく、社会問題やその背景、独自の仕組みについても紹介することが重要になる。
 
こういう場合、Webサイトで文章・写真・図解などを使って紹介するというのが、一般的な方法となる。ところが、Webサイトだと、その慈善活動について詳しく知りたい人が検索して、初めてその情報を見つけることができる。また、分かりやすく情報を構成できていないと、普通の人には理解するのが難しくなりやすい。
 
モーショングラフィックは動画のさまざまな手法の中でも、仕組みを分かりやすく伝えたり、デザインや動きで人の興味を引いたり、人の感情へダイレクトに訴えかけるのが得意だ。制作するには、情報・表現のすべてをデザインする必要があるので、誰に・何を・どう伝えるのが良いのか、たくさん考えることが必要で、それが利点につながっている。
 
なので、欧米では自分たちの慈善活動を紹介するのに、モーショングラフィックスが積極的に活用されている。もちろん、欧米の人たちは宣伝することや創造性を活かすことの重要性を理解していて、慈善活動であっても多額の資金を集めることに成功しているから、それが可能という事情もあるだろう。
 
そんな欧米の事情を知っていたので、ウゴモーションとしても、いつか慈善活動を宣伝したり紹介したりするモーショングラフィックスを制作できたら良いのになと考えていた。
 
だから、松永さんから学生たちに痴漢についての正しい知識を持ってもらうためのアニメーションを制作したいと相談されたとき、これは大きなチャンスだと感じた。
 
単純にアニメーションの制作として協力するだけでなく、その出発点であるクラウドファンディングから協力することにしたのも、それがウゴモーションの可能性を広げて、新たな一歩となると感じたからであり、世のため人のためになるのはもちろん、自分のためにもなる挑戦だと確信したからである。

クラウドファンディングを成功させるための準備?


 
先にも書いたように、今回の「学生に知ってほしい痴漢の真実 : アニメーション制作プロジェクト」では、ウゴモーションは制作だけを担当するのではなく、出発点であるクラウドファンディングから関わることにした。
 
というのも、クラウドファンディングで支援をしようとする人たちの立場で考えてみたときに、どんなアニメーションを制作しようとしているのか、その中身が分からないと、支援しようという行動を起こしにくいのではないかと考えたからだ。予告編もなければ、中身もよく分からない、タイトルだけが明らかな映画など、誰も観たいと思わないだろう。
 
松永さんとあれこれ相談して、クラウドファンディングを成功させるために、大きく分けて3つの準備に取り組むこととなった。
 
 

準備 1 : クラウドファンディングのサービス選び

松永さんはクラウドファンディングを大きく成功させた経験があり、一般社団法人 痴漢抑止活動センターの運営を通じて、さまざまなクラウドファンディングについて詳しく知っている。
 
その松永さんが言うには、クラウドファンディングにもいろいろなサービスがあるそうで、
サービスによって成功しやすい系統が違ったり、料金体系が違ったり、サービス内容が違ったり、成功確率が違ったりするとのこと。
 
今回の「学生に知ってほしい痴漢の真実 : アニメーション制作プロジェクト」の場合、そもそも確実に成功するようなプロジェクトではないので、サービス料金が高くても良いから、成功する可能性が高くなるようなサービスを選ぼうということで、松永さんとは意見が一致した。
 
そんな松永さんが選びに選んだのが、READYFORというクラウドファンディングのサービスである。READYFORにはフルサポートプランというものがあり、それを選ぶと手数料が高くなるものの、クラウドファンディングを行うときに、キュレーターと呼ばれる担当者がついてくれるので、成功する可能性がとても高いのだそうである。
 
キュレーターさんは定期的にチームと打ち合わせを行なってくれ、クラウドファンディングを成功させるために必要なノウハウを教えてくれたり、情報の整理をしてくれたり、アドバイスをしてくれたり、チームを成功へと導いてくれる。
 
というわけで、キュレーターさんとの打ち合わせは松永さんに一任することとなり、定期的にキュレーターさんからサポートやアドバイスを受けることで、順調にクラウドファンディングの準備を進められるようになった。
 
クラウドファンディング - READYFOR
 
 

準備 2 : 協力してくれる仲間づくり

 
 

アニメーションを制作するための準備?


 
クラウドファンディングを成功させるためには、多くの人が実現したいと願うようなアニメーションを制作する必要がある。そして、多くの人に実現したいと願ってもらうためには、そもそもどんな内容のアニメーションを制作しようとしているのか、クラウドファンディングの期間中に具体的に明らかにする必要がある。
 
松永さんとその話をしていて、最初に問題となったのが、松永さんが何を作りたいのか、具体的な考えをまったく持っていなかったことだ。クリエイティブな制作を依頼したことがない人であれば、知らなくても分からなくても当然なのかもしれない。
 
松永さんは、痴漢抑止についてのアニメーションを制作してくださいと私に依頼すれば、あとはウゴモーションが制作してくれて、思ったとおりの動画が完成すると思っていたようだ。
 
残念ながら、それで制作できるのは、なんとなく仕事をしているクリエイターだけだ。
 
というわけで、こんな時にクリエイターが最初にやるのが、依頼者へのヒアリングである。依頼者がどんな事業をしていて、どんな立場で、どんなサービスや商品を展開していて、それにはどんな利点や欠点があって、今回の依頼では誰に対して、何を伝えたいと考えているのか、ねほりはほり質問していくのである。
 
今回の場合、松永さんがどんな事業をしているのかなどの基本情報はすでに理解していたので、まずは痴漢問題の現状についての理解を深めるために、松永さんに貸していただいた痴漢に関する書籍などを読んで、情報の共有を行なっていった。
 
次に、松永さんがアニメーションに何を求めているのか明らかにするために、松永さんと一緒にコンセプト作りというのを行なった。

今回のクラウドファンディングで、ウゴモーションが目指しているもの?


 
文章 01
文章 02
文章 03

注目、応援、支援、よろしくお願いします!

文章 01
文章 02
文章 03
 
 

2020.05.00 ウゴモーション : 小野直人

合わせて読んでみる?

  1. 未設定
  2. 未設定
  3. 未設定

HOME | ブログ | 01 | ウゴモーション、友人とともにクラウドファンディングを始める?

Copyright  2018 - UGO MOTION.  All Rights Reserved.